スピンオフ妄想

2015年1月 1日 (木)

久方ぶり (『妖怪ウォッチ』スピンオフ)

絵を完成させる事にこだわってると
ちっとも記事が書けないので、
絵は描けたら載せるって事にした。
季節とか行事に合わせるって苦手なんだよね。

準備運動代りに
流行りに流行っている『妖怪ウォッチ』
スピンオフ?のアイディアを書こうと思う。

続きを読む "久方ぶり (『妖怪ウォッチ』スピンオフ)"

| | コメント (2)

2015年1月 5日 (月)

思いつき 『妖怪ウォッチ』スピンオフ其の二

前回
『妖怪ウォッチ』のスピンオフ考えてみて思ったんだけど、
”妖怪である”というキャラ設定が意外と足を引っ張るね。
ポケモンだったら
ポケモンはあの世界の普通の生き物という設定だから、
ペット~神秘的な謎の存在まで
ゲームの都合に沿った幅広い扱い方ができるけど、
妖怪が子供にウケるのは
「怖いもの」見たさや
「思い通りにならない神秘性」ゆえだから、
多少はそれらを残しておかないと
妖怪の魅力ってヤツを保てなくて扱いづらい。
まぁパズルとかパーティーゲーム系なら
どんな設定のキャラでもあまり関係ないだろうけど、
そんなスピンオフばかりじゃ
キャラ資産を活用しているとは言えないだろうし。
(あ!パーティーゲームの場合は
 昔の遊び
(独楽回し・凧揚げ・お手玉・鬼ごっこ等)
 伝統芸能系
胡蝶の舞/蝶の曲・たますだれ・太鼓
 ・皿回し・相撲等)で妖怪達と勝負するって感じなら
 妖怪というキャラ設定にマッチするかもしれん。)

続きを読む "思いつき 『妖怪ウォッチ』スピンオフ其の二"

| | コメント (7)

2015年3月10日 (火)

勇者が闇の世界を手に入れたRPG

【回復魔法は必要無い】 戦闘システムスレ10
を見てたら、
過剰なレベル上げをする事で
安易な力押しだけで先に進める様になってしまう、
いわゆるドラクエやスーファミまでのFFみたいな
古典的CRPGの特徴を欠点と見ている人が、
それを何とかしたくて考えた事を提案しててね。
それに対して誰かが
「その程度の仕掛けじゃ、
 多少レベル上げの手間を増やすだけで
 力押しができる様になるまで稼ぐのを防げない」
って返していたわけよ。

それで思ったんだけどさ~

続きを読む "勇者が闇の世界を手に入れたRPG"

| | コメント (0)