« 思いつき 『妖怪ウォッチ』スピンオフ其の二 | トップページ | 勇者が闇の世界を手に入れたRPG »

2015年1月29日 (木)

思いつき・HPが自動回復するRPGで

回復魔法とか回復アイテムを使わなくても、
移動中とかに経過時間や移動距離に応じて
HPとかMPとかの消費の激しいパラメーターが
少しづつ回復していくRPGあるじゃん?

そういうシステムがあると、
(万全じゃないと安心できないとか
 損したくないとかの理由でどうしても我慢できず)

戦闘が終わるたびに安全地帯で全快するまで
ジッとしたり ウロウロ歩き回ったりしてしまって
ゲームプレイのテンポが悪くなるし、
ゲームバランスがぬるくなって面白くなくなる
って意見を結構 目にするんだけどさ。

テンポが悪くなると分かっていても
自動回復があると
多くのプレイヤーが全快するまで待ってしまうのは、
HPMPが多ければ有利に戦えるけど、
少ない場合は何のメリットもないからだよな。

それならHPMPが減っている状態にも
全快の状態とは別のメリットを用意して、
状況に応じて どちらのメリットを取るべきか
考えさせればいいんじゃね。

たとえば
時間経過にしたがって自動回復するなら、
HPMPが低い状態で戦闘に勝った方が
経験値が多く入手できる様にするとか。
HP30%にまで減っている状態で勝つと
経験値が70%Up(元が100pなら170pになる)
加えて、MPの方も50%にまで減っていたなら
更に50%Upして(1.7×1.5で)
全快で戦った時の255%になるとかね。

従来の 自動回復するだけのものは、
自動回復速度をとても遅く設定する事で
プレイヤーが待っていられずに
適当な所で諦めて先に進む気になる様
仕向けたつもりだったみたいだけど、
そんな事したって
大抵のプレイヤーは損したくなくて
全快するまで待ってしまい、挙句
時間を無駄にしたとか、ぬるくてツマラナイという
マイナス印象を抱くもんだ。

しかし、
時間経過で自動回復HPMPが減っている状態で
               戦った時の方が、
               入手経験値が多くなる。

という場合は、
自動回復速度を速く設定する程、
(もちろん、速くするにも限度はあるが)
経験値をより多く欲しいプレイヤーは
回復を待たず先を急ぐし、
全快してから戦いたい慎重なプレイヤーも
回復を待つ時間が短くて済み、
どちらのタイプのプレイヤーでも
プレイが間延びしにくくなる。
よって、少なくとも「時間を無駄に取られた」という
マイナス印象は与えにくくなるだろう。

ゲームバランスがぬるくなるって方は、
自動回復と宿屋(回復ポイント)以外の回復手段
(回復魔法とか回復アイテムとか)を無くし、
戦闘中にも敵・味方双方自動回復あり
にすれば良いんじゃないかな。
(戦闘中の自動回復は普段よりも回復速度が遅く
 コマンド選択等の間は時間が止まっている扱いで。)

この方が”HPMP減少時の経験値補正”
プレイヤーが納得しやすいだろうし、
(回復魔法や回復アイテムが無く
 敵もPCと同じ様に自動回復するならば、
 敵は基本的に戦闘突入時は毎回全快状態の筈なので、
 それに対して
 戦闘突入時にPC側のHPMPが減っている状態である
 ≒PC側が不利な戦い と言う事ができ、
 不利な戦いに勝った時の方が経験値が多く手に入る
 というのが自然に感じられるだろう。)

難易度もそれなりに保てると思う。

でもねぇ……おいらが思うに、
RPGで自動回復が嫌われる一番の理由は
自動回復の存在意義がただ回復効果だけで
つ ま ら な い から! だと思う。

自動回復というシステムを組み込んだなら、
いかにも物語で起こりそうな
ドラマティックな展開が起こる様に仕込んでおかな
勿体無いよ~!

たとえばさ~
戦闘中にHPがゼロにされて仲間が倒される。
この時25%くらいの確率で気絶した事になって
(プレイヤーからは
 気絶なのか死亡なのか見分けられない様に、
 HPがゼロになったキャラの
 HPやMP等のパラメータ表示は一時的に消してしまう。)

気絶した仲間は自動回復である程度まで回復すると
意識を取り戻し戦闘に復帰する。

つまりプレイヤーから見ると、
次々仲間が倒され苦戦し「もうダメか」と思った時に
倒されたと思っていた仲間が立ち上がり、
仲間と力を合わせて形勢逆転、勝利!
なんて事が起こりうるって事だ。
やっぱ、これくらいは仕込んでおかないと。

|

« 思いつき 『妖怪ウォッチ』スピンオフ其の二 | トップページ | 勇者が闇の世界を手に入れたRPG »

ゲームシステム」カテゴリの記事

RPG」カテゴリの記事

アクション系」カテゴリの記事

コメント

HPが自動回復するで思い出されたのは風来のシレンですね。

シレンみたいにリスク(かそれともリターン)をつけるか

そもそもHealer's Yell(フリーゲームで自動回復ではない)みたいに自分でHPMPなども管理してしまうか
といった感じに収まりそうです。

いずれにせよ、HP自動回復の問題は根深い・・・。

投稿: ななし | 2015年2月 3日 (火) 00:16

個人的には 面白味さえあれば
どんなゲームシステムにも価値を感じるし
”面白さ”は多様多彩で在る方が良いので、
HP自動回復の問題は
HP自動回復というシステム自身に問題があるのではなく、
そのゲームを構成する他のシステムや設定
またはプレイヤーと、HP自動回復システムとを
上手くマッチングできていない事で発生すると思ってます

投稿: ひとり企画 | 2015年2月 3日 (火) 20:57

この記事へのコメントは終了しました。

« 思いつき 『妖怪ウォッチ』スピンオフ其の二 | トップページ | 勇者が闇の世界を手に入れたRPG »