« パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (1) | トップページ | パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (3) »

2010年2月22日 (月)

パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (2)

前回は
ゲームシステムの説明だけでスゴイ長文になっちまった。

しかし、元を知らないと
これから書くリメイク妄想が
意味不明になっちゃうからなぁ~

(今回も長文だよ。
 今まで妄想してた事を実際に書き出してみると
 いろいろ粗が見えたり 新しく思い付いたりで、
 思った以上に時間かかっちゃったよ。)

さて、
『パンゲア』の元になったと思われる
だいすくえすとは、
実際にダイスを振り
ダンジョンを紙に描き記してプレイする物だから、
ダイスの種類も
その他の必要な物も最小限にしなければ
”手軽さ”を確保できないが、

コンピューターゲームに移植した場合、
ダイスの種類が10倍になろうが、
”属性”や”状態異常”などの新要素を
いくつも追加しようが、
携帯性も プレイの手間も ほとんど変わらない。

実際『パンゲア』には、
初代だいすくえすとには無い
MPとか魔法攻撃とか
装備アイテムとかの概念がある。

しかし 実際に『パンゲア』をプレイすると
これでも物足りない。
特にダンジョンが単調に感じられるんで、
リメイクするなら
ダンジョンのバリエーションを増やすのが
1番重要だと思う。
.
.
《 ダンジョンのバリエーションを増やす案 》

その1・ ダンジョン&モンスターの種類を増やし、
     ダンジョンの特徴に合わせた
     モンスターの組み合わせの
     モンスター決定ダイスを振るようにする。

 例、火山ダンジョンでのモンスター決定ダイスの目は
 1 ノーム      攻撃して倒せないと
            金を盗んで逃げてしまう。
            倒した時に得られるゴールドが多い。

 2 リザードマン  弱点・アイス
            ”大反撃”で ”毒”付加攻撃。
 3 ヘルハウンド  ファイアが効かない。
 4 炎の魔人    弱点・アイス。 ファイアが効かない。
            倒すと、ボス状態でなくても
            ”財宝決定ダイス”を振れる。

 5 サラマンダー  弱点・アイス。
             ファイアでHPが回復してしまう。

 6 レッドドラゴン  ファイアが効かない。
             ”大反撃”の目で、
             PC全員にダメージを与える
             炎のブレスを吐く。

  雪山ダンジョンでは
 1 氷の妖精      弱点・ファイア。
              アイスが効かない。
              攻撃して倒せないと、
              攻撃してきたPCを”眠り”状態にし、
              逃げてしまう。

 2 狼          ”相打ち”の時、ダメージ計算後
              モンスターの数が
              上限までいっていなければ
              仲間(狼)を呼ぶ。

 3 スペクター     アンデット。
              ”相打ち・反撃・大反撃”の時、
               PCの残り攻撃回数をゼロにする。

               (アンデットは全部、
               弱点・ホーリーライト)

 4 イエティ        アイスが効かない。
 5 ドッペルゲンガー 1番HPの多いPCと同じ能力。
               (ダイスは振れないが。)
 6 ホワイトドラゴン  弱点・ファイア。
               アイスが効かない。
               ”大反撃”の目で、
               PC全員にダメージを与え
               ”痺れ”状態にする
               吹雪のブレスを吐く。

  死霊の廃都では
 1 スケルトン    アンデット
 2 ゴースト     アンデット。 攻撃して倒せないと、
             攻撃を仕掛けたPCの経験値を
             いくらか吸い取って逃げてしまう。

 3 ゾンビ      アンデット。 弱点・ファイア
             攻撃をしかけて
             ダメージを与えられないと
             ゾンビのHPが1回復する。

 4 ヴァンパイア  アンデット。
             ”反撃・大反撃”の時、
             PCに与えたダメージ分
             自身のHPを回復する。

 5 リッチ      アンデット。 弱点・ファイア
            ”相打ち・反撃・大反撃”の時、
            ダメージと一緒に
            攻撃を仕掛けたPCのMPも奪う。

 6 ドラゴンゾンビ アンデット。 ”大反撃”の目で、
             PC全員を”毒”状態にする
             ポイズンブレスを吐く。

  人工ダンジョン(遺跡や 魔法使いの居城など)では
 1 スケルトン  アンデット
 2 コボルト    攻撃して倒せないと逃げてしまう。
 3 ゾンビ     アンデット。 弱点・ファイア
            攻撃してダメージを与えられないと
            ゾンビのHPが1回復する。

 4 キマイラ    ”大反撃”の時、攻撃を仕掛けたPCの
           両隣にいるPCもダメージを受ける。

           (端にいるPCが攻撃を仕掛けた時に
           大反撃された場合は、
           そのPCと 隣りのPC
           2人しかダメージを受けずに済む。)

 5 ゴーレム   ”相打ち・反撃・大反撃”の時、
           PCの残り攻撃回数をゼロにする。
           倒すと必ず”宝石”が手に入る。

 6 ガーゴイル  ”相討ち”の目で、
           PCの装備アイテム(武器)を
           破壊する(消滅させる)。
            ”大反撃”の目で
           PC全員にダメージを与える。

  天然洞窟では
 1 ゴブリン     攻撃して倒せないと、
            金を盗んで逃げてしまう。

 2 狼        ”相打ち”の時、ダメージ計算後
            モンスターの数が
            上限までいっていなければ
            仲間(狼)を呼ぶ。

 3 グール     アンデット。 ”大反撃”の目で、
            攻撃を仕掛けたPCを”痺れ”状態にする。

 4 スライム     弱点・ファイア。
            倒せない一撃を与えると、
            モンスターの数が
            上限までいっていなければ
            分裂して増える。

 5 トロール     攻撃してダメージを与えられないと
             トロールのHPが2回復する。

 6 ブルードラゴン ”大反撃”の目で、
             PC全員にダメージを与え
             ”痺れ”状態にする雷のブレスを吐く。

  迷いの森では
 1 ウィル・オ・ウィスプ  アンデット。
                魔法ではない方法で倒すと
                 爆発してPC全員にダメージ。

 2 狼         ”相打ち”の時、ダメージ計算後
             モンスターの数が
             上限までいっていなければ
             仲間(狼)を呼ぶ。

 3 ハーピー     攻撃して倒せないと、
             装備していないアイテム1つを
             盗んで逃げてしまう。

 4 バンシー     アンデット ”大反撃”の目で、
             PC全員から経験値を奪う。

 5 ドッペルゲンガー 1番HPの多いPCと同じ能力。
               (ダイスは振れないが。)
 6 グリーンドラゴン ”大反撃”の目で、
              PC全員を”痺れ”状態にする
              パラライズブレスを吐く。

 ”毒”状態…PCがなると、1回行動する度に1ダメージ。
                    (1ブロック移動・ダイスを1回振る)
         敵がなると”相討ち・反撃・大反撃”の時に
         敵にも1ダメージ。
         (相討ちは敵の受けるダメージ+1)

 ”眠り”状態…PCがなると、
          戦闘中は2回休み
          
(行動権利が2回跳ばされる。)
          移動中は3ブロック分移動するまで
          そのPCを使えない。
           戦闘&ダンジョンで
           パーティー全員眠ると全滅。
           敵がなると、
           攻撃した時
          ”相討ち・反撃・大反撃”が
出ても
          PCがダメージを受けずに済む。
          (眠っている敵にダメージを与えると
           目を覚ます。)

 ”痺れ”状態…PCがなると、
           痺れている間
           攻撃回数が半分(端数切り上げ)になる。
           敵がなると、
           ”相討ち・反撃・大反撃”の時に
           PCが受けるダメージが1小さくなる。

         ……とこんな感じで。
.
.
その2・ ”ダンジョンブロックダイス”を
      ”ブロックダイス”と”イベントダイス”に分離し、
      その2つのダイスを同時に振る様に変え、
      ダンジョンの種類と
      ”ブロックダイス”と
      ”イベントダイス”の目の組み合わせで
      そのダンジョンブロックで起こる事
      (主に罠の内容)
を決める。
      (ダンジョンの種類によって、
       ”ブロックダイス”と”イベントダイス”の
       
目の内容や組み合わせも多少変わる。)

 例、雪山ダンジョンのブロックダイスの目は
    一本道T字路 曲り角 行き止り 通路の部屋
    ・ 行き止りの部屋 で、
    イベントダイスの目は
    平穏(何も起こらない)×3 戦闘×2 
    ・
トラブルor罠。

   ”一本道&トラブル”で、巨大雪玉が転がって来る。
    雪玉はダンジョンの入り口へ向かって転がり続け、
    逃げ切れずに潰されると雪玉に張り付いてしまい
    パーティー全員にダメージ&
    そのままダンジョンから強制脱出。

   (転がり始めの雪玉のスピードは
    PCよりも少し遅いので、
    追いつかれる前に脇道へ入れば やり過ごせる。)

   ”T字路&トラブル”で、ツルっと滑って
    1人にダメージ小&”眠り”状態に。

   ”通路の部屋&トラブル”で、
    足元にクレバスが口を開け
    パーティー全員にダメージ小+

    下の階層(ダンジョンレベル+1)へ強制移動。
   ”行き止りの部屋&トラブル”で、
    ツララが雨の様に大量に降ってきて
    パーティー全員に大ダメージ。

   ”その他のフロア&トラブル”で、
    ツララが落ちてきて1人にダメージ大。
.
.
   人工ダンジョンのフロアダイスの目は
   一本道T字路 曲り角 行き止り 通路の部屋
   行き止りの部屋 で、
   イベントダイスの目は 平穏×3  戦闘×1 罠×2

   ”一本道&罠”で、巨大石球が転がって来る。
    石球はダンジョンの入り口へ向かって転がり続け、
    逃げ切れずに潰されると全滅する。

   (転がり始めの石球のスピードは
    PCよりも少し遅いので、
    追いつかれる前に脇道へ入れば やり過ごせる。)

    ”T字路&罠”で、落とし穴。 結果判定ダイスの目は
    回避×3 ・ ダンジョンの外へ放り出される
    ・ 下の階へ落ちる・ 落ちてダメージ。
    ダンジョンの外へ放り出されるの目は
    1人を街へ強制送還。
    
下の階へ落ちるの目は、パーティー全員が
    下の階層
(ダンジョンレベル+1)へ強制移動。
    落ちてダメージは 1人にダメージ大。
    
回避した場合は、一つ手前のブロックへ強制移動し
    元のブロックには落とし穴が残る。
    残っている落とし穴を踏めば 下の階層へ落ちる。
   ”通路の部屋&罠”で、吊り天井。
    結果判定ダイスの目は
    完全回避×2 ・ ギリギリ回避×2 ・ 潰される×2。
    完全回避は
    全員無傷で一つ手前のブロックに強制移動し

    元のブロックが通行不能になる。
    ギリギリ回避は、全員にダメージ小で

    一つ手前のブロックに強制移動し、
    
元のブロックが通行不能に。
    潰されるの目だと全滅する。
    ”行き止りの部屋&罠”で、危険な宝箱のある部屋。
    宝箱を調べると、結果判定ダイスを振る事になる。
    結果判定ダイスの目は
    解除成功×2 ・ 毒ガス ・ 吹き矢 ・ 爆発 ・ ミミック。
    解除成功だと ”財宝決定ダイス” を1回振れる。
    毒ガスの目は パーティー全員を ”毒”状態に。
    吹き矢の目は 1人にダメージ小。
    爆発の目は パーティー全員にダメージ大。
    ミミックの目は ミミックとの戦闘になる。

   ”その他のフロア&罠”で、壁から飛び出す槍。
    結果判定ダイス(
完全回避×2
    ・ ギリギリ回避1人×2
・ ギリギリ回避全員
    ・ 回避失敗
)を振って、
    完全回避が出たら 全員無傷。

    ギリギリ回避1人 が出たら、1人にダメージ小。
    ギリギリ回避全員 が出たら、全員にダメージ小。
    回避失敗が出たら、全員にダメージ大。
.
.
    迷いの森のフロアダイスの目は
    一本道T字路曲り角 十字路
    ・
通り抜けできる広場  行き止りの広場 で、
    イベントダイスの目は
    平穏×4  戦闘 トラブル(罠)

    ”一本道&トラブル”で、ハチの巣が落ちてきて
    ハチの群れに追われる。 ハチの群れは
    ダンジョンレベルと同じ数分のブロック数
    追いかけて来る。
    逃げ切れないと、パーティー全員に
    ダメージ小+全員”痺れ”状態になる。

    ”T字路&トラブル”で、トラバサミの罠。
    盗賊(及び、盗賊系の職業)のPCでなければ
    1人にダメージ小+”痺れ”状態に。

    ”曲り角&トラブル”で、熊とはち合わせ。
    熊との戦闘になる。

    ”十字路&トラブル”で、足元の地面が陥没。
    結果判定ダイス(回避×2 ・ 天然洞窟に落下
    ・ 人工ダンジョンに落下
    ・ 実は落とし穴だった×2)を振って、
    回避した場合は
一つ手前のブロックへ強制移動し
    元のブロックに穴が残る。
    残っている穴を踏めば下の階層(天然洞窟)へ落ちる。
    天然洞窟に落下or人工ダンジョンに落下だと、
    それぞれ
天然洞窟or人工ダンジョンに
    パーティー全員強制移動
+ダメージ小。
    実は落とし穴だった だと、1人にダメージ小。
    ”通り抜けできる広場
    or行き止りの広場&トラブル”で、
    魔性の花園に足を踏み入れる。
    結果判定ダイス(回避×2 ・ 1人眠り×2
    ・ 2人眠り ・ 戦闘)
を振って、
    回避だと 一つ手前のブロックに強制移動する。
    1人眠り&2人眠りだと、
    パーティーの中でレベルの低い方から
    1人or2人が”眠り”状態になり、次に進める。
    
(いずれにしても
     花園は ダンジョンから出ない限り
     そのまま残るので、
     そのブロックに入る度に

     結果判定ダイスを振らなければならない。)
    戦闘の目だと、
    魔性の花の親株との戦闘になり
    倒せば魔性の花園は消える。

         ……とこんな感じ。
.
.
その3-1・ ダンジョンの未確定領域に
        特殊イベントの起こるブロックを
        予め いくつか配置し、
        そのブロックを目指して探索する要素を入れる。

 《 特殊イベントブロックの例 》

  階段のある部屋: 階段を降りるor上がると
              次の階層へ移動できる。
               次の階層は、
              ダンジョンレベルが
              元のレベルに+1される。
              さらに
              その階層にある階段を使って
               次の階層に行けば、また+1される。
              落とし穴やクレバスに落ちて
               次の階層に行った場合とは違い、
              前の階層が残っているので
               普通に引き返す事ができる。

  女神像のある広間: 条件を満たしたPCが
                女神像を調べると、
                特殊職業や上級職に転職できる。

  特別なNPCのいる部屋: 依頼を受けたり、
                   噂話を聞くと配置される。
                   依頼達成
                   orイベントクリアする為の
                   ゴールになるブロック。
                   イベントの内容によって
                   到達するだけで良い時も、
                   戦闘になる時もある。

  移動する敵シンボルがいる部屋
              このブロックに通路がつながると、
              部屋にいた敵シンボルが
              PCをゆっくり追い回す様になる。
              スピードはゆっくりだが、
              PCがメニューを出している間も
              ダイスを振る間も動き続ける。
              この敵シンボルに追いつかれると
              戦闘になる。
.
.
その3-2・

Zu1_2

ダンジョンに
隠し部屋を
ランダムで設置し、

未確定領域の
隠し部屋のある座標に
時折
光が輝くようにする。
(←図は あくまでもイメージ。
 実際の『パンゲア』では
 ダンジョンブロックはポリゴンで、
 『タクティクスオウガ』みたいに
 斜め見下ろし視点なんだけど、
 そんなの描いてられなかったんで。)

Zu2_2

そして、
この光が見える区画を
囲む様に
ダンジョンブロックを
配置すると……

Zu3

光のあった区画に
隠し部屋が出現し、

部屋の中の
宝箱を調べると、
調べたPCが
財宝決定ダイスを
振る事ができる。

(光のある区画に、
 普通に

 ダンジョンブロックを
 置いてしまうと、

 隠し部屋は
 無かった事になる。)

.
隠し部屋に通路がつながる様に
ブロックを配置できなかった場合は、

既に配置したブロックの中に
行き止り”または”行き止りの部屋”があれば、
そこにワープの魔法陣が出現し
それを踏む事で隠し部屋に入れる。
.
.

行き止り”も”行き止りの部屋”も無かった場合は、
隠し部屋を出現させてから配置したブロックの中に
”行き止り”または”行き止りの部屋”があれば、
そこにワープ魔法陣が出現する。

既にブロックを置けない状態になっていても、
盗賊系の職業のキャラが1人でもいれば
隠し部屋を囲んでいるブロックの
隠し部屋側の壁を調べる事で、
隠し扉を見つけ(た事になって)入る事ができる。
.
.
ダンジョンに関しては これくらいかな。
ダンジョンだけで 随分手間取ってしまった……

  ~パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (3) へ

|

« パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (1) | トップページ | パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (3) »

ゲームシステム」カテゴリの記事

リメイク妄想」カテゴリの記事

コメント

全て読みました。
パンゲアは地味ながらシンプルなルールで、説明書がいらない(ゲーム内の説明文もいらない)のが魅力のゲーム。
なので、色々とシステムをごちゃごちゃにするよりも、何度も潜れる動機付けがあればそれだけで楽しめるかと思います。
例えば、無駄なアイテムでも増やして、アイテム図鑑を埋めるシステムとか。

投稿: | 2020年2月10日 (月) 16:55

この記事へのコメントは終了しました。

« パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (1) | トップページ | パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (3) »