« パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (2) | トップページ | パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (4) »

2010年2月25日 (木)

パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (3)

予告通り、今回は『パンゲア』
PCの能力に関してのリメイク妄想ね。

(今回も長文。 いや~疲れた疲れた。)

その前に、(1)で説明し忘れた事があったんで
まず それの説明を……

『パンゲア』では、
PCを1人~4人まで自由に選んで
パーティーを組ませてダンジョンへ行けるが、
実はこれ……
他の多くのコンピューターRPGでのパーティーとは
まったく意味が違う。

一つ、 ダンジョンでは1ブロック確定する度に
     キャラの行動権利が移っていく。

    どういう事かというと、
    例えば
    ”戦士・僧侶・魔法使い”というパーティーが
    戦士にリーダーマークが付いている状態で
    ダンジョンに入ると、
    戦士がダンジョンの入り口に立っていて
    その戦士を操作して未確定領域に進む→
    →ダンジョンブロックダイスを戦士が振る→
    →ダンジョンブロックを
      今いる区画に設置する→1or →2
    →1,そのブロックが”行き止り(罠)”だったら、
    戦士が罠判定ダイスを振り、
    「1人にダメージ」の目が出たら戦士にダメージ。
    (盗賊のキャラがパーティーにいれば、
    罠判定ダイスを振る前に
    自動的に盗賊のキャラと入れ替わる。)

    →2,そのブロックが
      ”戦闘の起こるブロック”だったら、
    ダンジョンブロックダイスを振った戦士が
    最初に行動でき、
    戦士の攻撃回数がゼロになったら、
    画面下のパラメーターの並び順で
    戦士の右隣りのキャラへ行動権利が移り、
    そのキャラが行動し終わったら
    また右隣りのキャラへ行動権利が移る
    ……を 戦闘終了まで繰り返す。

    設置したブロックの罠や戦闘が終了したら、
    (または 何事も起きないブロックだったら)
    画面下のパラメーターの並び順で
    右隣りのキャラへ行動権利が移り、
    そのキャラが同じ様に
    未確定領域を確定し終えたら
    また右隣りのキャラへ行動権利が移る
    ……を 繰り返す。

    プレイヤー1人で
    パーティーの全キャラを操作している分には、
    何の為に こんな操作方法になっているのか?
    と思うだろう。
    しかし、『パンゲア』には
    複数のプレイヤーが
    自分のキャラの操作を担当する
    多人数プレイモードがあるので、
    その為の仕様だと思われる。
   (あるいは単に
    『だいすくえすと』を再現しただけかもしれない。)

二つ、 前にも ちょっと書いたけど、
     プレイしていて辛いのが
     4人パーティーを組ませても
     それぞれのキャラが ほとんど協力しない事。
     (というか したくてもほとんど協力できない。)

    具体的には、
    キャラ1人1人の所持アイテム・所持金が
    完全に独立していて
    キャラ間での受け渡しが全くできない。
    あるキャラが持っているポーションを
    他のキャラに使う事もできないし、
    宿屋に泊る時も
    各キャラが自分の宿代を払うから
    所持金の足りないキャラは
    宿屋に泊って回復する事ができない。

これだけ独立心?旺盛なキャラ達が
形ばかりにパーティーを組んで
危険なダンジョンに出かけるっていうのも、
妄想的には なかなかドラマチックなのだが、
さすがに少々プレイが辛いというか 寂しいというか……

ドラゴンとの戦闘で”大反撃”の目を出して
PC全員がダメージを喰らう事もあることを考えると、
パーティー組むより
使える職業のキャラ1人だけでダンジョンに行く方が
高い確率でプレイが楽なんだよなぁ~r('д`;)

そこで、もう少しだけ
パーティーを組む事に価値を見いだせる様な変更と、
職業ごとの性能差を少なくする変更を加え、
さらに
職業を増やして転職の楽しさを加えると良いと思う。
.
.
〈パラメーターの手直し〉

キャラの所持アイテム・所持金が独立しているのは
『パンゲア』の特徴でもあるし、
テーブルトークRPGの
雰囲気を感じさせるから良いんだが、
所持金はともかく
装備アイテムなどの手に入れにくいアイテムを
全く受け渡しできないのは辛い。
そもそも持てる数が2つなのは少なすぎる。

そこで まず、各PCに 装備アイテム用に
”装備”枠
”所持”枠を用意する。
(装備アイテムは装備枠に置かない限り効果が無く、
 消費アイテムは装備枠に置けない。
 また、
 ポーションは従来通り 専用枠で99個まで持てる。)

”装備”枠は 基本的に どの職業も2つまでだが、
”所持”枠は 職業によって違ってくる様にする。

また、アイテムの受け渡しを直接する事はできないが、
『ウィザードリィ(Wiz)ボルタック商店の様に
PCの売ったアイテムが店頭に並び 購入できる様にし、
間接的にアイテムの受け渡しを可能にする。
(在庫はPCが売った数。)

.
.
〈基本職の手直し&新職業と転職システムの追加〉

基本職は、あまりにも使えない戦士の他は
ほとんど手直しする必要が無いのだが、
戦士・だ・け・が
使えない上に
レベルが上がると攻撃回数が多くなりすぎて
戦闘のテンポを悪くするという困った職業なので、
大幅に改造する。
(↓基本職は変更点のみ書き出してある。)

戦士 : アイテム装備枠2つ、所持枠2つ。

     職業特性・ レベルが5になると
            ”必殺技”が使える様になる。

     ”必殺技”は、攻撃魔法と同じ様に
     使用すると残り攻撃回数がゼロになり、
     行動権利が次のPCへ移る。

     ”必殺技ダイス”の目は、
     威力大攻撃(威力3+残り攻撃回数)
     威力中攻撃(威力2+残り攻撃回数)
     威力小攻撃(威力+残り攻撃回数の半分で、
                   敵全体に攻撃)
     相討ち(敵には威力1+残り攻撃回数のダメージ。
          自分には ”反撃”の時と同じダメージ。)

     反撃(自分にダメージ小)
     大反撃(自分にダメージ大)
.
.
僧侶 : アイテム装備枠2つ、所持枠2つ。

      職業特性・ ヒーリングの魔法が使える。
           (MPを消費してHP回復+状態異常の回復
.
.
盗賊 : アイテム装備枠2つ、所持枠5つ

     職業特性・ 盗賊が振るダンジョンブロックダイスは
            ”行き止り”の目が”十字路”になる。
            (行き止りになりにくいので、
            ダンジョン探索が有利。)

.
.
魔法使い : アイテム装備枠2つ、所持枠3つ

        職業特性・ レベルUpで
               ”攻撃魔法ダイス”の目の属性を
               1つ任意のモノに変更できる。

        例えば、最初は
        ファイア(威力1+残り攻撃回数)×2
        アイス(威力2+残り攻撃回数)
        ホーリーライト(威力3+残り攻撃回数)
        失敗・大失敗 だが、

        レベル2になった時に
        ファイアの目の一つをアイスに変え、
        ファイア(威力1+残り攻撃回数)
        アイス(威力1+残り攻撃回数)
        アイス(威力2+残り攻撃回数)
        ホーリーライト(威力3+残り攻撃回数)
        失敗・大失敗 にする事ができる。

        レベルUpの度に
        攻撃魔法成功の目の属性を
        1つ変更できるので、
        4つの攻撃魔法成功の目の属性を
        全部同じにする事も、
        1度変えた目の属性を
        再び変更する事もできる。
.
.
 * 基本職は、戦士・盗賊・魔法使いの3つへは
  街の冒険者ギルドで100G払えば転職する事ができる。
  僧侶へ転職するには 街の神殿で100G払う。

  勇者と特殊職業を除く どの職業に転職しても、
  レベルと基礎パラメーター(HP・MP・攻撃回数)
  変化しない。

  レベルUpした時、既にその職業の
  そのレベルでの基礎パラメーターの値よりも
  高くなっている基礎パラメーターは増加しない。
  (少ない基礎パラメーターは普通に増加する。)

  レベル99のPCが死亡するとレベル1に戻り、
  基礎パラメーターは
  今の職業のレベル1の時の値になる。
.
.
↓”上級職
  転職するには職歴(現在の職業だけでなく、
   一つ前の職業も
パラメーターに記録される。
    これとは別に、上級職の職歴は
   なった事のある上級職の印が
   勲章の様に全て表示され記録が残る。)

  特定のアイテムを持って、
  ダンジョン内の女神像を調べる必要がある。
  (転職条件のアイテムは、転職すると消失する。)

騎士 : アイテム装備枠2つ、所持枠2つ。

    転職条件・ 戦士+騎士の盾
         
 (自分が受けるダメージを1小さくできる。)

    職業特性・ 騎士の盾を装備していなくても
            騎士の盾と同じ効果が
            常に発揮される。

           ”必殺技”がレベル1から使える。
          (レベル5未満の戦士が転職しても
           最初から”必殺技”が使えるという事。)

           敵が全体攻撃してきた時に、
           他のPCを1人庇える。
          (庇われたPCはダメージ0。
           庇った騎士も

           別に受けるダメージが
           増える訳ではないので

           単純に被害を1人分減らせる。)
.
.
魔法戦士 : アイテム装備枠2つ、所持枠2つ。

       転職条件・ 戦士&魔法使い+魔剣

       職業特性・ 魔剣を装備していなくても
               魔剣と同じ効果が
               通常攻撃で常に発揮される。
              (アンデットではない敵に
               与えるダメージが+1)

              必殺技の替わりに
              ”魔法剣”を使える。
             (魔法剣は、必殺技に
              ファイア・アイス
・ホーリーライトの
              属性が付いたもの。
              魔法使いと同じ様に、
              レベルUpの度に
              一つだけ属性を変更できる。)

              シールドの魔法が使える。
.
.
聖騎士 : アイテム装備枠2つ、所持枠2つ。

     転職条件・ 戦士&僧侶+聖剣

     職業特性・ 聖剣を装備していなくても
            聖剣と同じ効果が
            通常攻撃で常に発揮される。
            (アンデットに与えるダメージが
            通常の2倍)

           アンデットモンスターからのダメージは
           常に-2される。

           ヒーリングを パーティー全体に
           かける事ができる様になる。
           (消費MPはパーティーの人数分、
           ダイスを振るのは1回)

           敵が全体攻撃してきた時に、
           他のPCを1人庇える。
.
.
忍者 : アイテム装備枠2つ、所持枠4つ

    転職条件・ 戦士&盗賊+疾風の靴

    職業特性・ 忍者が振るダンジョンブロックダイスは
            ”行き止り”の目が”十字路”になる。

          盗賊と同じ様に、
          回避・解除の確率の高い
          罠判定ダイスを振れる。

          攻撃判定ダイスの
          敵にダメージを与えられる目に
          それぞれ別の特徴が付加される。
          威力大攻撃…クリティカル
          威力中攻撃…相手にダメージ2
                   +”眠り”状態に。

          威力小攻撃…相手にダメージ1
                   +”痺れ”状態に。

          相討ち…自分にダメージ1、
                相手にダメージ1
                 +”毒”状態に。

          ”必殺技”がレベル1から使える。
.
.
怪盗 : アイテム装備枠2つ、所持枠6つ

    転職条件・ 魔法使い&盗賊+幸運の御守り

    職業特性・ 怪盗が振るダンジョンブロックダイスは
            ”行き止り”の目が”十字路”になる。

          盗賊と同じ様に、
          回避・解除の確率の高い
          罠判定ダイスを振れる。

          財宝決定ダイスを振れる時、
          2回振る事ができる。

          ”攻撃魔法”が使える。

          戦闘中にアイテムを使用できる
          (使用できるのは、ポーション及び
           その他の
           アイテム所持枠にあるアイテム。)

.
.
賢者 : アイテム装備枠2つ、所持枠3つ

    転職条件・ 僧侶&魔法使い+魔除け

    職業特性・ 威力小の攻撃魔法の目が
            全体攻撃になった”攻撃魔法”が使える。
            
            (魔法使いと同じ様に、
            レベルUpの度に
            ”攻撃魔法ダイス”の目の属性を
            1つ変更できる。)

          ヒーリングの魔法が使える。

          シールドの魔法が使える。

          ストップの魔法が使える。
          (罠orトラブルが発動した時に
           ストップを使うか否かの選択肢が表示され、
           使うとMPを1消費して
           罠orトラブルを停止し、

           そのブロックを無事通過できる。

           通過するとストップの効果は無くなり、
           回避すると残るタイプの
           罠orトラブルの場合は

           再び そのブロックに侵入した時に
           罠判定ダイスを
振らなくてはならない。)
.
.
勇者 : アイテム装備枠3つ、所持枠3つ

    転職条件・ 上級職のどれか2種+聖杯
           (勇者に転職すると、レベル1に戻る。)

    職業特性・ 通常攻撃で
            敵に与えるダメージが常に+2される。

           通常攻撃の威力大攻撃で
           クリティカル発動。

           自分が受けるダメージが常に-2される。

           ”魔法剣”が使える。
           魔法使いと同じ様に
           レベルUpの度に一つだけ
           属性を変更できる。
           この時、選べる属性に”雷”属性が増える。
          (全体攻撃の目は”雷”属性にできない。)
           ”雷”属性は、
           ”炎”属性+”痺れ”状態変化。

           ヒーリングの魔法が使える。

           シールドの魔法が使える。

           敵が全体攻撃してきた時に、
           他のPCを1人庇える。
.
.
↓”特殊職業
  転職するには、条件を満たして
  ダンジョン内の女神像を調べる必要がある。
  (転職条件のアイテムは転職すると消失する。)

  特殊職業に転職すると レベル1に戻ってしまう。
.
.
召喚術師 : アイテム装備枠3つ、所持枠3つ

       転職条件・ 魔性の瞳(転職用アイテム)

       職業特性・ MPを除く
               他の基礎パラメーターが低い。

              ”召喚魔法”(MP1消費)が使える。
              召喚魔法ダイスは、
              そのダンジョンの
              ”モンスター決定ダイス”と同じ物で、
              出た目のモンスター(雑魚ver)
              を召喚し、自分の代わりに
              戦わせる事ができる。

              モンスターのHPが尽きたら、
              オーバーキル分のダメージを
              召喚術師が受けて
              通常戦闘の状態に戻る。

              ”大召喚魔法”が使える。
                 (ダンジョンレベル分のHP消費)
              (大召喚魔法は、
              真っ白の召喚魔法ダイスに
              自分が倒したモンスターを

              セットしていく。
              まだ何もセットされていない目は
              ハズレ扱いで、
出すと自身にダメージ。
              召喚できるモンスターはボスver。)

              ”防御”ができる。
             (防御すると
              自身のみ全体攻撃のダメージを
              2減らせる状態で、

              行動権利が次のPCに移る。
              次に
              自分に順番が回ってくるまで有効。)

.
.
妖精 : アイテム装備枠2つ、所持枠3つ

    転職条件・ 妖精の涙(転職用アイテム)
            を持ったPCが死亡している状態で、
            他のPCが女神像を調べると
            妖精の涙を持っているPCが
           ”妖精”になって生き返る。

           妖精のPCは転職できない。
           (妖精のPCが死亡した時、
            普通に神殿で復活させると
人間に戻り、
            転職できる様になる。)

    職業特性・ レベルUpで 奇数レベルになる度に
           自分自身の属性を変化させる事ができ、
           通常攻撃に自分の属性が付加される。
           (敵の弱点属性の攻撃が
            敵に与えるダメージは、通常の2倍。)

           また、自分と同じ属性の攻撃では
           ダメージを受けない。

          ”攻撃魔法”が使える。
          魔法使いと同じ様に、
          レベルUpの度に一つだけ
          属性を変更できる。

          敵を倒した時や、
          宝箱を開けた時に手に入るゴールドが
          通常の2倍。

          戦闘中にアイテムを使用できる。

          ストップの魔法が使える。
.
.
アンデット ・ アイテム装備枠2つ
        
(ただし、装備できないアイテム有り)
        所持枠2つ。

       転職条件・ 死神の指輪(転職用アイテム)
              
を持ったPCが死亡している状態で、
              他のPCが女神像を調べると
              死神の指輪を持っているPCが
              ”アンデット”になって復活する。

              アンデットのPCは転職できない。
              (アンデットのPCが死亡した時、
              普通に神殿で復活させると
              人間に戻り、
転職できる様になる。)

       職業特性・ ヒーリングやポーションで
              HPを回復できない

             ファイアとホーリーライトが弱点

             通常攻撃で
             相手に与えるダメージが2倍になり、
             相手に与えたダメージと同じだけ
             自分のHPを回復できる。

            ”特殊攻撃”が使える。
             (特殊攻撃は、
             攻撃魔法や魔法剣の様に、

             使用すると残り攻撃回数が0になって
             次のキャラに行動権利が移る。)

             特殊攻撃ダイスの目は
             麻痺の雲…敵全体にダメージ3
                     +”痺れ”状態に。

             眠りの霧…敵全体にダメージ2
                     +”眠り”状態に。

             毒霧…敵全体にダメージ1
                  +”毒”状態に。

             全体攻撃…敵全体に、
                    残り攻撃回数の
                    半分のダメージ。

             失敗、大失敗。
.
.
……と、こんな感じで。

  ~パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (4) へ

|

« パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (2) | トップページ | パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (4) »

ゲームシステム」カテゴリの記事

リメイク妄想」カテゴリの記事

コメント

全て読みました。
基本職は元々強すぎる魔がさらに強力になっており、選択の余地は無いですね。
弱点属性をつけたとしても、結局ホーリーライトで固めるのが無難ですので。
また、戦士などの全体攻撃も強すぎます。
パンゲアで一番不具合なのはシーフですが、それがより不遇な扱いになってるので、最早ジョブツリー以外の目的では使わないのでは?

投稿: | 2020年2月10日 (月) 16:59

魔法使いの変更点の
攻撃魔法ダイスの目の属性を変更できるっていうのは、
属性だけを変更するんですよ?
.
元の『パンゲア』では
攻撃魔法ダイスの目の属性を変更できないので、
各ダイス目の威力=その目に割り振られた魔法の威力
ですが、
この記事に書いた『妄想版パンゲア』では属性は変更できますが
各ダイス目の威力は変更できないので、
元ファイアの目の属性をホーリーに変更しても
威力はファイアの時と同じです。
もちろんそれでも
安定してダメージを与えられるホーリーで固めた方が得でしょうが、
目押しが苦手なプレイヤー向けに
その程度の甘さはある方が良いと思います。

戦士の「必殺技ダイスという選択肢を増やす」変更は、
戦士のレベルがある程度上がると
攻撃回数が多くなりすぎて戦闘がかったるくなるので、
要するに「高レベルの戦士」は
少し弱い「勇者」化してくれないと
とてもプレイしていられないって感想ですね。
威力が強すぎるなら、
相撃ち・反撃の目の時に受けるダメージを
通常攻撃時よりも多くすれば良いんじゃないですかね。
相撃ちの時は、残り攻撃回数の四分の一と同じだけのダメージ。
反撃(小)の時は、残り攻撃回数の半分と同じだけのダメージ。
反撃(大)の時は、
 残り攻撃回数の四分の一と同じだけのダメージを味方全員に。
という風に。
他の職業の全体攻撃も、『パンゲア』ではレベルが上がる程
戦闘がかったるくなっていく傾向があるので、
基本的にそれを軽減する為のものです。
(個人的に『パンゲア』は
 プレイヤー優位のギャンブル性を楽しむもので
 戦略性を楽しむものではないと思っているので、
 ギャンブル性を嫌うユーザーがそれを回避できる様にしつつ、
 いかに
 プレイヤー優位のギャンブル性を盛り込むかって視点で
 改善点を考えています。)
.
なので、シーフが一番不遇な職業だとは思っていません。
ある程度狙ってクリティカルを出せれば、
高レベルの戦士よりも戦闘を軽快に終わらせられるからです。
それに戦闘職ではないので
強く感じられない程度の性能の方が雰囲気が出ます。

また、エンディングを見る為の条件が、
勇者がいるパーティーで、21ブロック以上の広さのダンジョンで
ボスを出現させ倒す。なので、
行き止まりの少ないダンジョンブロックダイスを振れる職業がほしいと
プレイしていて思ったので、
シーフに価値を感じるプレイヤーはちゃんといると思います。
また、記事を読み直して気が付きましたが、
シーフの変更点の所で
(戦闘中に美術品などの)アイテムを使える
って事を書くのを忘れたみたいです。

また、職業を増やしたのは、
あなたが一つ前の記事のコメ欄に書いた
>無駄なアイテムでも増やして、アイテム図鑑を埋めるシステム
と同じ様に>何度も潜れる動機付け でもあります。
無駄なアイテムを探すだけだと
プレイ感覚にほとんど変化が無いので、
.
ジョブツリーを埋める為に転職条件を探し転職する

転職して、前の職とは少し違うプレイ感覚を楽しみながら
別の職業の転職条件を探す
.
という繰り返しを想定しています。

投稿: ひとり企画 | 2021年2月27日 (土) 17:27

この記事へのコメントは終了しました。

« パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (2) | トップページ | パンゲア〈すごろく感覚RPG〉 (4) »